何話す?

ここはヒリピン・・日本じゃないんだねぇ・・爆

(´ρ`)ノ 今年最後の何話すです

(´ρ`)ノ 今年1年皆様はどんな一年だったのでせうか

おいらにいたりましては

初の1年通してのヒリピンでございました

いろんな方と出会い、別れ 揉め事やご迷惑を散々おかけし
お付き合いが消えた方もいらっしゃいます

当然おいらが悪かったり

こちらがやめてとお願いしたのにもかかわらずやられたり

さまざまですが

そのすべての方全部含めて

今年1年ありがとうございました 本当に勉強になりました 感謝いたします

これを糧として来年もがんばりたいと思います


個人的に一番お世話になったのは

やはり 大虎 ハチマキ親父こと IMUS兄さんでしょう
今現在もご迷惑おかけしておりますので

年内に一回会いに行きます

次は
やはり 一緒の職場にいる 馬大願 こと

マニラさまですね

これからもよろしく

それ以外も ピカ師匠やサクラ様 大ちゃんなどさまざまな方に助けていただき
こうして生きているのだと思います

これからも迷惑をおかけするかもしれません
もちろん無いように努力はいたします

ありがとうございます

そして 日本からの援軍
Ryuさんをはじめ たくさんの方に支えられて


心から皆さんありがとうございます


これからもよろしくお願いいたします

あと

こんなくだらないブログにお付き合いくださいまして
読者の皆様!


本当にありがとうございます


来年 1月3日から 復活いたします

それまでの5日間は 

何も考えずに酒をかっくらっていたいと思います・・・馬鹿



(´ρ`)ノ 
今年1年どうもありがとうございました 
また来年が皆様にとってすばらしい年でありますことを!


---------------------------------------------------------------
今年最後の何飲む

omiki.jpg
やはり日本人ですので

正月は酒!

御年酒
銚子と盃
屠蘇用の銚子と盃。大晦日の夜、屠蘇袋を酒に浸し、無病息災を祈念し新年祝いの席でいただく。
昭和10年(1936)、まだ平和な時代だったわが家の元旦風景を思い出す。
霜に覆われた庭の樹々に朝日が射しはじめる頃、ガラス戸を開け放った座敷には、早朝の冷気がみなぎる。

まず、神棚の前に家長の祖父の後ろに家族一同が並び、柏手を打つ。
ついで仏壇の前に座し、深々と頭を下げる。

神さまと祖先への礼拝を終え、ようやく祝い膳の席につく。

床柱の前に座った祖父に向かって、父があらたまった口調で賀詞を述べ、
母と共に私達子供も頭を下げる。最後に姉、私、弟の順に、両親に向かって正月の挨拶をする。


大晦日、母と姉が夜を徹してつくったという「おせち」の入った大きな重箱がやっと開けられる。
私ら子供の好きな栗きんとんや卵焼きもぎっしりとつまっていた。

しかし、まだ箸はつけられない。
その前に御年酒の盃を頂かねばならない。
最初に最年少8才の弟が盃をいただく。
年酒といっても、子供には屠蘇(とそ)を浸した味淋なのでおいしかった。

次に盃は年子(としご)の私、4才年長の姉と続き、
それから屠蘇を浸した日本酒が母、父、最後に70才の祖父という順に盃は廻されていった。

「年少の者は歳を取る、故にこれを賀して先に飲ます。老いたる者は歳を失う。故にあとに飲む」
ということで年の若い者から長じた者への順にするのだと聞かされていた。

正月はなぜ「めでたい」か
正月はこれまで、日本人にとって最大の年中行事とされてきた。今でも人に会えば「おめでとう」と挨拶し、年賀状を交換しているが、果してどれほどの人が本当に「めでたい」と思っているだろうか。
古代以来、新年というのは生命の更新を意味していた。世界的に見ても、自然や人間というものはみな衰弱と回復、死と再生を繰り返すという基本的な観念を人々は持っていた。そこで、冬になれば、弱まった太陽の力を復活させようという原始的信仰が生まれ、いろいろなタマフリ(霊魂再生)の行事が行なわれてきた。

稲作を始めた日本人は新殻を臼(うす)に入れ、復活の唄を歌いながら杵で搗き、この白米を、新しくおこした火を使い、新たに汲んだ水によって炊きあげた。こうしてつくった神饌を八百万(やおよろず)の神々に供え、人々もまたこれを神と共食し、活力のよみがえりを期待した。
戦前の日本では「数え年」を年齢としたため、正月になると皆が一つ歳(とし)をとり
「あらたまの年たちかえる」という改まった感慨にひたることが出来た。

元旦、一番鶏と共に起き出た年男は、めでたい「唱い言」をとなえながら生命の水を汲み上げ、
シメをつけた手桶に杓子で汲み入れる。

この若水(初水)と呼ばれる水を、まず歳神(としがみ)に供え、
家族全員がこれで口をすすぐことによって、生命を新たにすることができると考えた。

こうした行事は、水稲耕作の複合文化として、いまも東アジア一帯に広く分布している。

これと似たような庶民生活に密着した行事として、元旦に里芋を食べる習俗がある。
里芋は子芋が多いため多産と豊穰の象徴とされる。

里芋の皮をむいて食べることは、脱皮再生、若返ることを意味し、
これによって人の生命も更新、活性化されると考えた。

このような行事や習俗のもとに迎える新年である。
自然に「めでたい」という気持ちになっていったのだが、
その心をどのようにして今後に生かしていくかは、大きな課題といえよう。


月桂冠副社長 栗山一秀 の言葉より


そしておいらはこれが飲みたい!

img_catalog_01.jpg
日本酒より

松竹梅 です

厳寒にもその緑を失わない松、しなやかに伸びる竹、そして百花にさきがけて花咲き薫る梅。
松・竹・梅は「歳寒の三友」と呼ばれ、
古代から「めでたきもの」のしるしとされてきました。

「三友」とは『論語』にある言葉で、人間を進歩させ、社会に利益をもたらすものをさしています。

それぞれ「神聖なもの」「繁栄をもたらすもの」「風流の楽しみ」を象徴する松・竹・梅の思想は、
古くから中国や日本において文芸や文化のみならず、一般庶民の間にもひろく浸透してきました。

その名を冠した清酒「松竹梅」。慶祝の場にふさわしい「よろこびの清酒」として、CMでも有名ですね



まぁ 日本にいないので 今更と思うかもしれませんが

やはり正月の酒にふさわしいと思っておりますw


たまにはこういうお酒なんていかがですか?



(´ρ`)ノ よいおとしおおおおおおおおおおおおおおおおお またらいねんあいませう!!


追伸
これを気に来年からまたしても、模様替えをするかもしれませんw
しないかもしれませんw

あしからず

追伸その2
年末年始 あまりにも暇すぎたら
、更新するかもしれません・・・爆





にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村
良かったら押して下せええええ
  1. 2010/12/28(火) 12:46:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<(´ρ`)ノ 明けましておめでたう ござひまふ | ホーム | いつまでクリスマスなんだお前ら・・・(´ρ`)>>

コメント

良いお年を
  1. URL |
  2. 2010/12/28(火) 16:01:13 |
  3. あらら #HEbkHpgA
  4. [ 編集 ]

No title

>何も考えずに酒をかっくらっていたいと思います・・・馬鹿

いつもと変わらないのぢゃないのけ?(爆)
  1. URL |
  2. 2010/12/29(水) 09:06:42 |
  3. 光暴大師 #AaIT8m4I
  4. [ 編集 ]

No title

あれ?

今日、休みなの?

僕の誕生日なのに?w

良いお年を!来年が良い年でありますように!来年は・・・・

虎・・・・年・・・・・だ・・・・・・ね。
  1. URL |
  2. 2010/12/29(水) 16:22:05 |
  3. 馬尼羅 #-
  4. [ 編集 ]

始めまして

始めまして!
来年もまた楽しいブログ宜しくお願いします。
お酒の蘊蓄は素晴らしいですよね!
今回のお屠蘇のお話に感動しましたので、メールしてしまいました。
私も年に4、5回は個人的に渡比しております、その関係で色々な方のブログを拝見させていただいています!貴兄のブログはほのぼのとした物があり、とても温かい気持ちになります。
自慢話や誹謗中傷が多いブログの世界では大変珍しいのでは?ないでしょうか。
1月の20日から渡比する予定です。
それでは!!良いお年を
  1. URL |
  2. 2010/12/29(水) 16:56:01 |
  3. モーガン #xRS1q4qQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 良いお年を


あららさんも
今年一年コメントをくださってアリガト!(´▽`)御座いました

来年も宜しく御願いいたします


良いお年をお迎えください
  1. URL |
  2. 2010/12/31(金) 01:24:55 |
  3. とろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> >何も考えずに酒をかっくらっていたいと思います・・・馬鹿
>
> いつもと変わらないのぢゃないのけ?(爆)


いつも以上とお思い下さい
ほほ
良いお年をお迎えくださいね
  1. URL |
  2. 2010/12/31(金) 01:25:51 |
  3. とろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> あれ?
>
> 今日、休みなの?
>
> 僕の誕生日なのに?w
>
> 良いお年を!来年が良い年でありますように!来年は・・・・
>
> 虎・・・・年・・・・・だ・・・・・・ね。


というか・・おいら来年

厄年・・・本厄っていうの???

まぁ頑張るよw

いい年を迎えてね!!
  1. URL |
  2. 2010/12/31(金) 01:27:05 |
  3. とろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 始めまして

> 始めまして!
> 来年もまた楽しいブログ宜しくお願いします。
> お酒の蘊蓄は素晴らしいですよね!
> 今回のお屠蘇のお話に感動しましたので、メールしてしまいました。
> 私も年に4、5回は個人的に渡比しております、その関係で色々な方のブログを拝見させていただいています!貴兄のブログはほのぼのとした物があり、とても温かい気持ちになります。
> 自慢話や誹謗中傷が多いブログの世界では大変珍しいのでは?ないでしょうか。
> 1月の20日から渡比する予定です。
> それでは!!良いお年を



モーガンさん
コメントありがとうございます

酒の薀蓄は半分何時も読んでいる
酒の本と格闘しながら・・・・・爆

結局 日本に居てもここヒリピンにいても

酒を飲むために仕事をしているといっても過言ではないので・・βακα..._〆(゚▽゚*)

自分が好きなものなのでどうせならもっと知ろうというのが始まりでw
かれこれ20年近くになるとおもいます

そして
おいらのブログですが

普段行く所が決まっている生活なのかもしれませんw

でも他のものや人や店など

批判してもしょうがないと思うのです

実際そういうブログは確かに多いですねw

まぁ私は自分でみたもの思ったこと
いつもの仲間とわいわいやってること

それしか載せられませんし

充分だと思っています

ただ嘘は書きたくないので
思ったことだけでやらせていただいております


本当にありがとうございます

良いお年をお迎え下さい
来年が良い年でありますように!!


とろでした
  1. URL |
  2. 2010/12/31(金) 01:34:09 |
  3. とろ #-
  4. [ 編集 ]

一年お疲れさまでした

良いお年をお迎えください<(_ _)>
  1. URL |
  2. 2010/12/31(金) 17:28:17 |
  3. maru #-
  4. [ 編集 ]

No title

今年はよい年にするようにしましょう。

馬におとるといわれないようにじやー!

最近は馬がえらlくなってのー・・・・・・・

年明けそうそう成敗しなくてはいけんから協力するように。
  1. URL |
  2. 2011/01/01(土) 04:54:34 |
  3. 虎の穴 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 一年お疲れさまでした

> 良いお年をお迎えください<(_ _)>


年が明けてしまいましたねw

今年も宜しく御願いいたします

お体を大切に!!
  1. URL |
  2. 2011/01/02(日) 00:52:09 |
  3. とろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 今年はよい年にするようにしましょう。
>
> 馬におとるといわれないようにじやー!
>
> 最近は馬がえらlくなってのー・・・・・・・
>
> 年明けそうそう成敗しなくてはいけんから協力するように。



そうですね

まさかあれを購入するとは・・・爆
ご協力いたしますw

今年もご迷惑をおかけするとおもいますが
宜しく御願いいたします
  1. URL |
  2. 2011/01/02(日) 00:53:09 |
  3. とろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://auutoro.blog63.fc2.com/tb.php/460-813ceb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とろでございます

auu.toro

Author:auu.toro
(´ρ`)ノども
2009年からブログをはじめ
今はこうしてヒリピンに住んでおります

お茶も出ませんが、「世界一 詰らない」
 ブログを目指し
日々がんばっておりますw

今何時?

「何話す」のレベル・・爆

ヒリピンは台風多いからねぇ・・涙

なんだろうか・・・爆

豊かな食生活安定のためにも・・爆

ハイボール ♪

ブログとツイッターのつぶやきですなw

リンク集

このブログをリンクに追加する

おいらの食生活安定の為にクリックしてちょ

最新コメント

ググッてみる?

カスタム検索

フリーエリア

あわせて読みたい